需要と供給アンバランス

35才婚活をがんばる記録

結婚相談所に入会して7ヶ月でついに退会した

8月に結婚相談所に入会したので7ヶ月が経った。

そして、ついに2月末で結婚相談所を退会した。

ずっとやめるやめる詐欺をしていたわたしが、ついにやめた。

 

この決断が正しいのかと言われると分からない。

やめなければ、次の紹介で良い出会いがあるかもしれない。

やめて、次に良い出会いがあるかもしれない。

  

大げさに聞こえるかもしれないけど、成婚退会ではなく中途?退会する決断をすることをとても悩んだ。

このまま継続した方がいいかもしれない。

ただこのままだと、また紹介に対してNO回答する日が続いてしまう。

結婚相談所に合う合わないなんてないのかもしれないけど思った。

自分には合わないって。

 

 

なんとなくの自分の直感に従ってみることにした。

 

 

※ちなみに自分の直感は当てにならない。。(過去を考えると

わたしは出会うたびにこの人と結婚するかもと思うタイプだ。

そしてまだ結婚できずに現在に至っているわけであーる。

 

 

コンシェルジュに言われたことまとめ◆

①どこの結婚相談所に入っても活動自体は一緒だ

②紹介された人を好きになるよう努力するべきだ

③休会制度のある結婚相談所だと、活動がつらいのでずるずる再開できない恐れがある

④入会して1年も経たずに成婚退会以外でやめる人はほぼいない

⑤ころころと結婚相談所を変える人を見てきたが、そういう活動はしてほしくない

⑥退会された人がまた再度入会する場合があるが、前回のようにはいかないということを考えてほしい。そのような状態にはなってほしくない

 

確かにその通りで、分かっている。

だけどこのままだと紹介された人にも会うことができず時が過ぎてしまう。

 

 

最後にコンシェルジュに3ヶ月面談をしてくれなかったことを聞いてみた。

メールでのコンシェルジュのアンサーは…

「何度かさせて頂いた面談と同じもので、ご活動の中で必要な時に振り返ることや、これからのご活動を提案させて頂く面談です。」

 

つまり普通の面談だということらしい。

どういうことだろう。

3ヶ月面談では活動内容のフィードバックがあると思っていたんだ。

 

そして普通の面談もしてもらってないぞ。

この前やめるって言いに行った時にした面談が最初で最後の面談だったわけだ。

聞いてみたものの、納得できる回答ではなかった。

素直に忘れていましたと言えないからなのだろうけど、コンシェルジュのわたしに対する優先順位の低さがうかがえた。

 

 

これから新しい結婚相談所探しをはじめる。

前回のように何も考えずにすぐに軽い気持ちで入会することだけはやめよう。

きちんと選んで、自分で決めたい。