需要と供給アンバランス

35才婚活をがんばる記録

交際ではない仮交際

仮交際について考えている。

お見合いが成立して、会って、また相手とあいたいと思った場合に仮交際へステージ移行する。

ここではじめて連絡先を交換するのだ。

 

いまさらだけど仮交際ってなんなんだ。

恋人ではなくて、友達でもない。

微妙な関係だ。

こんな微妙な関係から本交際に進むってすごいことだと思う。

何回も会うことで気持ちは変化するのだろうか。

でも毎回会える保証もなく、次に会って終わりなこともある。

 

今、深刻なのはわたしのメンクイ問題だ。

友達は顔なんて何回か会ってれば慣れるとか言うけど、なかなか慣れそうにない。

などと失礼なことを思っている。

自分の年齢を考えた時に、わがまま言っている場合じゃないことも分かっている。

また婚活やになってしまった。

っていうか、ずっといやなんだけど。。

 

お見合いでわくわくする出会いを求めていること自体がまず問題なんだけど。

いつもわくわくする恋愛ばかりしてきたからお見合いで出会う人との差が大きい。

でもお見合いでも、どこかにこの人だって思ったり、この人かな?って思ったりする人に出会えると信じている。

 

今の結婚相談所の辞め時もずっと考えているんだけど、どこかで決断しないといけない。

いつでも決めるのは自分だから。

 

ずっと思考回路がぐるぐるしていてなかなか気持ちを表現できなかった。

でもブログに書くことで頭の中は少し整理できるし、思っていることも明確化する。

はーちょっと婚活疲れってやつですな。

婚活してないんだけど婚活疲れだ。

 

書いていることが、ごちゃごちゃだけどもう今日は終わり。