読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

需要と供給アンバランス

34才婚活をがんばる記録

婚活について再び考えてみる

婚活ブログなのに婚活をしていないからネタがない。

本当はみなさまに出来たてほやほや新鮮ネタをお届けしたいのだ。

そんな気持ちとはうらはらに婚活は完全行き詰まっている。

 

新しい結婚相談所はとにかくノータッチだ。

PAのようにコンシェルジュがあれこれお世話(余計な)を焼いてくれるわけではない。(もちろん自分に合うコンシェルジュがついてくれた方もいると思うがわたしの場合は。。

 

ノータッチでとにかく入会の際に話したきりスタッフの人とは話したこともない。

メールと書類が届くだけだ。

わたしはノータッチであることに対しての不満はない。

 

不満があることは1つだけでお見合いが成立しないことだ。

 

ノータッチでわたしのことを何もしらない人たちが、どうやってお人柄が合いそうだと判断するのだろうか。このことについては最初から分かっていたことだけど、こんなにお見合いが成立しないは思わなかったから誤算である。

 

はじめてみないと分からないこともある。

結婚相談所2社目だけど、分からないもある。

というか結婚相談所は分からないことしかない。

 

結婚相談所で出会い結婚に至ることは奇跡なのではないかと思うんだ。

今までは、好きな人がわたしのことを好きになり付き合うことは奇跡だと思ってきた。

ただ両思いになる奇跡は、奇跡が起こるのを待っているのではなく、奇跡は自分の手で引き寄せ起こすこともできる。

しかし結婚相談所の奇跡は自分の力ではどうしようもない本当の奇跡のような気がするんだ。

 

いまわたしは、結婚相談所で出会い結婚したというデータとブログでのしあわせな報告のように自分も出会えると信じてがんばるには少し限界がきている。

 

 

わたしのことを大切に思ってくれる相手に巡りあいたい。

 

 

今日もわたしの気持ちをぐだぐだと書いてみた。

これを読んで、ぐだぐだと考えるから余計だめなんだよとか思う人もいるかもしれない。

現在、絶賛迷走中なのでいろいろ言わせてほしいんだ。

 

新しい結婚相談所に入会して5ヶ月目に入った

新しい結婚相談所に5月に入会したので5ヶ月目に入った。

 

結論を言うと何も変わっていない。

新しい結婚相談所でも婚活ができていないのである。

 

わたしは自分の需要について理解していないんだ。

それが婚活が成功しない敗因なんだと思う。

結婚相談所界において34才は30代の男性には需要がないのだ。

わかっているんだけど、わかってないのだ。

 

わたしに紹介してくれる男性は30代だが、わたしがいくら申し込みをしてもお見合いは成立しない。

反対に、わたしは40代の男性に紹介されていて40代の男性から申し込みをしてもらっている。

 

今度こそ、自分の需要と供給のあるお相手について考えなければならない時が来たのだ。

大好きな夏のデートもできずに今年の夏も終わってしまった。

だから自分のことを気に入ってくれている人との未来も考えようと思うんだ。

ただ、それができたらどんなにいいことなのだろうかとも考えてしまう。

考えることと気持ちは一致しないからむずかしいんだ。

わたしにもほんの少しのしたたかさがほしい。

 

 

 

結果をすぐるに求めたがるわたしが、婚活に対して結果をすぐに求められないのはどういうことなんだろう。

たぶん、わたしは自分が好きで自分を客観的に見ることができないのだろう。

 

 

今日はぐるぐるしている頭の中を書いてみた。