需要と供給アンバランス

35才婚活をがんばる記録

絶賛婚活中!と背中に紙でも貼っておきたい夏

おひさしぶりです。

 

生きています。

みなさまのご想像の通り婚活してませんでした。

 

ここで衝撃的事実を書き記したい。

ふたたび新しい結婚相談所へ入会して1年、1回もお見合いが成立しませんでした。

わたしの需要のなさは十二分に理解しているつもりだったが再確認する結果だ。

※12分じゃないよ? 

 

 

たぶん休会した方がいいのだろう。

婚活をしているとブログでは名言しているが、婚活をするする詐欺でわたしはほぼ活動をしていないことに気がついている。

真相心理は結婚を求めていないのか。

このように書くとまた負け惜しみだと言われる可能性もあるけど、言うだけは言わせてほしい。

 

 

 

 

先日、食事をしている時に

 

「10月が家の契約更新なんだ。更新するか引っ越しするか迷っている。」

「どんなところに住みたい?」

 

 

これは間接的に一緒に住みたいアピールでしょうか。

どきどきしてしまったよ。

 

 

 

 

たぶん人生の岐路かもしれない

こんにちは。

人生の岐路かもしれないと思いブログに気持ちを記そうと思う。

 

 

結婚が決まったわけではない。

仕事のことである。

ステップアップして仕事をもっと頑張るか、いまのポジションのまま現状維持するかの二択で迷っている。

 

たぶん人生の岐路だ。(おおげさと笑ってくれ

 

選択はどちらかしかできない。

どちらかしか選択できないから迷うんだ。

だからといって時間もない。

 

普段、即断即決のわたしが迷っている。

どちらかを選び後悔するようなことはしたくないから全力で迷っているんだ。

 

 

ここで問題がひとつ。

わたしは婚活をしている。

結婚したい。

 

 

いまのポジションからステップアップし仕事をもっと頑張ることを選択した場合、いま以上の責任を求められる。よって会社の拘束時間が増えるだろう。

結婚したら共働きでガツガツ仕事をすることができるのか。

 

一方、いまのポジションのまま現状維持することを考えてみる。

いまの仕事にももちろん責任を求められているし、残業もまあある。

ただ、結婚が決まっているわけでもないのにステップアップのチャンスに現状維持を選択するということが悩ましいのだ。

 

 

ステップアップをして、結婚をするという選択が一番いいのかもしれない。

でもいまガツガツ働きたいと思っても結婚したら気持ちが変わるかもしれない。

その時に戻ることはできない。

しかし、結婚の予定はまだない。

 

 

いま気がついたのだけど、わたしは働くことが好きなのかもしれない。